LOG IN

続・多賀山日記「夢の終わり」

by 清水哲男

久しぶりの京都を楽しんでいる。もちろん気楽な里帰りではなく、主に仕事で帰ってきているのだが。昨夜も馴染みの居酒屋たこ入道でしたたか飲んだ。

そう言えば、数年前のことだが、この店で綿引勝彦さんと隣り合わせたことがあった。そう、「鬼平犯科帳」では大滝の五郎蔵とよばれる密偵の親分を演じている俳優だ。いろいろと話をさせてもらって、腰を上げかけた綿引さんから最後にこんなことを訊かれた。

「鬼平の話の中で、どれがいちばん好きですか?」と。

躊躇なく「密偵たちの宴」ですと答えると、焼酎を一口飲んで「うれしいな。ぼくもそうなんですよ」と笑った。

「密偵たちの宴」は相模の彦十、舟形の宗平、大滝の五郎蔵、小房の粂八、おまさという密偵たちが酒を酌み交わし思い出話に耽るうちに、当世の盗賊働きを嘆き、真のお盗(つと)めとは何か見せてやるべきだとあらぬ方向へ……。金貸しで儲ける竹村玄洞という医者を標的にして……。言ってみれば、普段は影の存在である密偵たちを主人公にした話だった。脇役のスポットが当たる、実にぼく好みの話だったのだ。

で、綿引さん、上げかけた腰をふたたび落ち着け、さらに話は弾んだ。綿引さんは少々酔いが回ったのか、こんなことを呟いた。

「鬼平も、そろそろ終わりだなあ。みんな年をとっちゃって。実年齢よりもうんと若い役を、無理しながら演ってるんだよ。ちょっと無理があるかなあ……って、みんな思ってる。殺陣だって思うようにからだが動かないしね。もう潮時かもしれないな」と。

しばらくして〝THE FINAL〟と銘打たれた「鬼平」を見て、綿引さんのその言葉を思い出した。

確かになあ……、と思う反面、でもやっぱりかっこいいなあと思うぼくがいた。殺陣も大切だろうけど、「鬼平」はやっぱり人情の機微を織り上げたドラマなんだと。

その「五年目の客」は何度か映像化されているが、その夜のものがいちばんよかったと思ったことを記憶している。「夢なんだよ」という鬼平の最後の言葉は、吉右衛門さんの「鬼平シリーズ」すべての話が夢だったんだよと諭されているようで、なんとも言えない気分になった。

欲を言えば、相模の彦十、小房の粂八が出てこなかったのが心残りだったが……。

さて、鬼平はもう戻ってこないのだろうか……。

OTHER SNAPS