LOG IN

続・多賀山日記「何のために、誰のために」

by 清水哲男

原発を見た後、久々の久見崎浜の茶屋へ。

川内の海で獲れた魚で海鮮丼。

食べたかったのはしらす丼だったんだけど、「やってないんです」と。

季節が違うのかとたずねたら、今時分普通なら出しているのだが、昨年の秋不漁だったそうだ。すぐそばに川内川が東シナ海に注ぎ込む河口がある。河口のそばに立つとそれはもう入江か湾かと思うほどの広さだ。その日の河口は時化ていた。店の窓から河口に押し寄せる白波が見える。

「なんでも水温が高いということなんだって。ちょっとしか獲れなかった……」と女将。

「地球がおかしくなっちゃたのかなあ」とぼく。

「人間がこれだけおかしいんだから、地球だっておかしくなるよ」

そう言って女将は力なく笑った。

じゃあ、とぼくは海鮮丼を頼んだ。

しらす丼にありつけなかったのは残念だが、海鮮丼だってそこいらの海鮮丼とはわけが違う。ボリューム満点の海鮮丼にあら汁、アジフライまで付いている。

「せっかくこんなとこまで足を運んでもらうんだから、とにかく満足してもらいたい」

今度は明るく胸を張って笑う女将。

1キロ先では2基の原発が水を沸騰させている。その水をこの海に放出している。水温が高いのはそのせいじゃないのか・・・。だがそんなこと女将を前に触れられるわけないじゃないかと思う。

その海で獲れた魚を、ぼくは頬張る。

原発の安全性を信頼しているわけではない。

ここで生きていこうとする女将のような人たちに、シンパシーを抱いているだけだ。大げさに言うと、そういう人たちと連帯したいと。原発が出来る前から、ここで生きてきた人たちに思いを寄せたいと。

だが今3基目を建てる準備が進んでいる。

いったい何のために。誰のために。

ぼくには理解できない。

OTHER SNAPS